日本でアセロラは、アセロラドリンクとして親しまれている果物です。

 

アセロラがスーパーフルーツとも呼ばれる理由について

 

アセロラは、そのまま食べる事はあまりなく、実そのものを目にすることも少ないです。それは熟すと2,3日しか持たないため、ジュースやジャムなどに加工して売られているのです。アセロラには、一体どのような栄養素が含まれているのでしょうか?

 

アセロラはビタミンCが豊富に含まれており、その含有量は他の果物と比べるとダントツなのです。その量はオレンジの8倍とも言われています。ビタミンCには抗酸化作用があるため、美肌効果や風邪予防に効果的です。体内のビタミンCが不足すると、疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったり、抵抗力や免疫が下がってしまいます。そのため、ビタミンCを摂取することは大切です。

 

また、アセロラに含まれるフラボノイドという成分は、発がん性物を抑制する効果があるため、がん予防にも効果的なのです。また、毛細血管を保護してくれる働きもあるため、動脈硬化を防ぐ効果もあります。その他には、血液を造るために必要な葉酸も含まれており、お腹の赤ちゃんの成長を促してくれるので、妊婦さんは積極的に摂ったほうがよいでしょう。またカリウムも含まれており、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧に効果があり、生活習慣病予防もできます。

 

一日に必要な摂取量は、アセロラジュースで摂る場合、100〜200mlと言われています。たくさん摂取したからと言って、効果が現れやすいわけではありません。逆に一日に摂る量が多いと、下痢などをする場合があるため注意が必要です。推奨されている量を毎日続けることが大切になります。また、利尿剤を服用している人は利尿効果が強く出てしまうことがあるため、医師に相談したほうがよいでしょう。

 

このようにアセロラには、ビタミンCを初め、私たちのからだに必要な栄養素がたくさん含まれています。最近増え続けているがんを予防したり、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を予防してくれるため、積極的に摂りたい果物です。