リウマチに効く?キャッツクローの効果を徹底解剖

 

キャッツクローはリウマチ改善をサポートしてくれるの?

 

キャッツクローは南米ペルーの標高400メートルから800メートルに生える、アカネ科カギカズラ属の蔓性植物です。キャッツクローとの名の由来は、葉の付け根に猫の爪のような棘があります。この植物はペルーやアマゾンの先住民がインカ帝国の時代から、リウマチや関節炎に効果があるハーブとして使われてきました。

 

1994年にWHOでキャッツクローは副作用のない抗炎症作用がある薬用植物に認定され、ヨーロッパの1部の国では抗炎症薬として認可されています。効果や効能としてリウマチや関節炎から発生する痛みの緩和や鎮静作用、そして抗酸化作用や免疫活性化作用などが示唆されています。キャッツクローの飲み方としては、樹皮を煎じてお茶のように飲みます。

 

その他樹皮を粉末にしてカプセルや錠剤にしたもの、樹皮を乾燥させてお茶として販売されてもいます。1日に摂る摂取量として、明確な分量はありません

 

。リウマチなどの症状がある場合1日に60ミリグラム、関節炎では1日100ミリグラムを経口摂取での臨床試験による有益な結果が現れています。キャッツクローの有効成分はアルカロイドとトリテルペンそして、ポリフェノールなどとなります。その中でアルカロイドにはイソテロポディン・ミトラフィリン・リンコフィリン・テロポディンなどがあり、その中でもテロポディンはキャットクロー特有のアルカロイドで、炎症の原因となるマクロファージが作り出すサイトカイン(TNF)を抑制します。さらに免疫力の調整をしたり、血圧効果作用や抗血栓作用なども期待できます。

 

トリテルペンには抗炎症・鎮痛・抗ウィルス作用があります。副作用は殆ど現われませんが、稀に頭痛やめまい、吐き気などが出ることもあります。また3歳以下の幼児や臓器を移植した方そして、低血圧や血圧降下剤を服用されている場合は摂取を避けてください。安全性のデータが取られていない妊娠中の方と授乳している方にも、摂取しないことをおすすめします。